「ITコンサルタント」とは|テクスタ辞書


「itコンサルタント」とは、it業界に関する職業の1つです。itに関する企業やサービスについて、経営方針や顧客へのビジネスなどをクライアントへ提案・提供することが、主な業務内容です。

「ITコンサルタント」の特徴

itコンサルタントは、itに関連するサービスやシステムの導入などを、クライアントに提案する職業です。その為、システムエンジニアと同一視されがちですが、両者は大きく異なります。

itコンサルタントの特徴は、クライアントの売り上げや経営を重要視した業務内容である点です。単に便利なシステムやサービスを提案するのではなく、クライアントの業績を意識した内容の提案をする必要があります。その為、システムエンジニアと比較すると、ビジネスや経営、営業寄りの業務内容となっています。

しかし、プロジェクトや契約の内容によっては、システムエンジニアやプログラマーのような業務を担当することもあります。提案したシステムを導入する為に、それに必要な設計、開発などのプロセスに携わる場合もあるのです。その為、itコンサルタントとして活躍するには、経営や営業に関する知識とitに関する技術、どちらも欠かせません。

ITコンサルタントになるには

itコンサルタントになる為に必要な資格は特にありません。しかし、itコンサルタントとして仕事をする上で、it業界やシステムなどに関する専門的な知識や技術は、欠かせないものです。また、それ以外にも、クライアントへの提案力など、さまざまなスキルや能力が求められる職業でもあります。

itコンサルタントの仕事では、クライアントの経営や売り上げの改善を目標とする場合が多い為、問題解決能力が求められます。クライアントの経営やサービスに隠れている問題を正確に見つけ出して分析し、解決案を編み出す能力もまた、itコンサルタントには欠かせないスキルなのです。

また、コミュニケーション能力も、人と関わる機会か多いitコンサルタントには必須と言えます。クライアントにさまざまな提案をしたり、同じチームやプロジェクトに人とミーティングをしたりすることもたくさんある為です。