「セールスエンジニア」とは|テクスタ辞書


セールスエンジニアとは、技術営業とも言われるIT系の職種の一つです。営業職と技術職の両方の要素を持つ仕事で、営業スタッフに同行して顧客のもとへ行き、自社製品導入の交渉を行ったりします。

セールスエンジニアの特徴

セールスエンジニアは技術営業とも言われ、ソフトウェアやOA機器などを扱う企業に在籍している職種です。セールスエンジニアは販売を目的とする営業職と、実際に作業をする技術職の両方の要素を持つ仕事で、フィールドアプリケーションエンジニアとも呼ばれることがあります。

営業担当者と一緒にクライアントのもとへ向かい、営業としてクライアント側の担当者と交渉や調整を行ないながら、技術者として自社製品の導入にあたってのアドバイスを行ないます。顧客との交渉段階から活躍することで、顧客に技術的な支援を提供します。

技術という側面から営業戦略を支えることができるため、顧客と近いところで仕事がしたいというエンジニアにとっては非常にやりがいを感じられる仕事です。

セールスエンジニアに必要なスキル

セールスエンジニアになる上で必要なスキルとして、扱う製品・システムに関する知識は勿論、コミュニケーションスキルも大切になります。専門スキルを生かした営業・サービス的職種で、顧客の課題を引き出す営業スキルと、サービスの提供以外にも自社の顔として顧客のニーズに合った提案をする知識、市場のニーズや自社商品への要望などを社内へ持ち帰るということも重要なスキルとなります。

セールスエンジニアは、専門知識がないと務まらない仕事なので、システム開発会社やソフトウェア開発会社にエンジニアとして入社し、経験を積んだ後に転身することが多いです。大きな企業の場は新卒採用後にトレーニングを行い、最初からセールスエンジニアになるケースもあります。

技術の専門家と対等に話ができる知識、逆に技術に対して詳しくない担当者に分かりやすく説明するスキルが求められたりと、現場ごとに求められる役割が違います。毎日のように顧客に呼び出されることもあるため、肉体的・精神的なタフさも求められます。