「アプリケーションエンジニア」とは|テクスタ辞書


アプリケーションエンジニアとは、情報システム開発のプロジェクトでシステムの分析・設計・開発・テストまでを担当する人のことです。以前国家試験として行われていたアプリケーションエンジニア試験において、英語表記をApplication Systems Engineer、略称をAEと定義されています。

アプリケーションエンジニアの役割と特徴

アプリケーションエンジニアの仕事は、まずユーザーのニーズを分析することからはじまります。アプリケーションエンジニアは、その分析の結果をふまえ、開発の基本構造を設計します。その後、現場の開発者達に指示を出し、開発を統括しつつ、その後のテストをコントロールするのもアプリケーションエンジニアの大事な役割です。

アプリケーションエンジニアは、システム開発のプロジェクト全体に携わる仕事を行うため、非常に幅広い知識に精通していなければ務まりません。具体的には、プロジェクトに関連するソフトウェア・ハードウェア・ミドルウェア・ネットワーク・データベースの領域における知識と実地の経験が求められます。

このため、プログラミングの経験などのシステム開発の現場での実務経験を積んでから、アプリケーションエンジニアとなるケースが多いのが特徴です。

アプリケーションエンジニアに関連する試験について

アプリケーションエンジニアは、1994年から2008年まで経済産業省が法律に基づいて行っていたアプリケーションエンジニア試験という国家試験において、「情報システム開発プロジェクトにおいて、プロジェクト計画に基づいて、業務要件分析からシステム設計、プログラム開発、テストまでの一連のプロセスを担当する者」と定義されていました。

その後、2009年度の制度改革を受け、アプリケーションエンジニア試験からシステムアーキテクト試験という名称になり、試験内容・範囲も変更されています。