「アプリ制作」 とは|テクスタ辞書


「アプリ制作(読み:あぷりせいさく)」とは主に、iPhoneやAndroidといったスマートフォン端末で用いるアプリケーション制作のことを指します。近年では個人でも開発環境が手軽に揃えられるようになったこともあり、日々法人個人問わず多くのアプリがリリースされています。

様々な形態のアプリと市場

アプリにはゲーム、エディター、ソーシャルネットワーク、ニュース、ファイナンス、ライブ壁紙など多種多様なカテゴリが存在します。これらは主にiphone向けには「AppStore」、Android向けには「GooglePlay」にて配信されています。主な収益化の方法としては、アプリを無料で公開し、広告を貼って収益を得る「広告収益」、アプリを有料で売る「売り切り」、アプリ中で様々な追加サービスを購入させて収益を得る「課金収益」が主なものになっています。

激しい競争

個人でも無料で簡単に開発環境が手に入り、SDKや入門サイトなども充実しているため、日々大量のアプリがリリースされています。せっかく作ったアプリも大量のアプリの中に埋もれてしまってはもったいないです。開発が容易になったかわりにwebサイトやSNSなどを用いたプロモーションにも力を入れる必要があるでしょう。