「アプリケーション」とは|テクスタ辞書


「アプリケーション」とは、アプリケーションソフトの略であり、「アプリ」や「app」とも略され、特定の機能や作業目的のために開発•使用されるソフトウェアの総称です。

「アプリケーション」の特徴

アプリケーションは「応用ソフト」とも呼ばれ、「基本ソフト」であるOS上で目的に応じた動作や作業をする事が可能になります。アプリケーションは、利用者が配布•販売されているソフトを購入又はダウンロードしてOSにインストールすることで利用が可能になります。

アプリケーションソフトの一例としては、文章を作成するワープロや表作成ソフト、電子メールや画像の編集•作成ソフト、音楽再生ソフトなど多種多様なソフトウェアがあります。この他にアプリケーションソフトには、特定の目的に特化した「ユーティリティソフト」、「ミドルウェア」、「デバイスドライバ」、「Webアプリケーション」といった種類があります。

ユーティリティソフトとその他

「ユーティリティソフト」はOSやアプリの操作性や機能を向上させるソフトウェアです。ファイルの圧縮や解凍、コンピューターウィルスの駆除、メモリーの管理やスクリーンセーバーなどOSの使いづらい部分などを補う効果を持つソフトウェアです。

「ミドルウェア」は、OSとアプリケーションの中間に位置し、ある特定分野に共通する機能や処理をアプリに提供するソフトウェアです。また、パソコンに接続されている、制御機器や周辺装置を制御する目的の為に用いられるものは、「デバイスドライバ」と呼ばれます。

「Webアプリケーション」は、インターネット環境とWebブラウザがあれば、ローカル環境にインストールすることなく利用できるアプリケーションとして、利便性も注目され近年人気があります。