「APサーバ」とは|テクスタ辞書


APサーバとは、アプリケーションサーバ(英語表記:Application server)を略したものです。APサーバは、コンピュータネットワーク上のサーバか、サーバと同様の役割をするコンピュータ上で実行されるアプリケーションを管理・補助するソフトウェアの一種です。

APサーバとミドルウェア

APサーバのような役割を果たすソフトウェアを、ミドルウェアと言います。ミドルウェアとは、コンピュータのハードウェアとソフトウェアの基本的な制御を行っているOS(Operating Systemの略)と、表計算やデータベースなどの各業務処理を行うアプリケーションソフトウェアとの中間に位置するソフトウェアのことです。

APサーバの分類

広義のAPサーバは、上述した通り、ネットワーク上のサーバかそれと同じような役割をするコンピュータ上で実行されるアプリケーションとOSの橋渡しをするミドルウェアのことです。

ただし現在では、そのうちウェブでの通信に特化したウェブアプリケーションサーバをAPサーバと呼ぶことが非常に多くなっています。このウェブ特化のAPサーバは、さらにMicrosoft社のWindowsで動作するタイプのものとJAVAをベースとする製品群に大別することができます。