「AWS入門」とは|テクスタ辞書


「AWS入門」とは、ゼロからAWS(Amazon Web Services)上に基本的なwebアプリケーションの環境構築をする、研修者向けの書籍です。

「AWS入門」の概要

AWS入門とは、世界最大のクラウドサービス、AWS(Amazon Web Services)でWebサービスを運用するために必要なポイントをまとめた実践的な解説書です。AWSをより効果的に運用したいと考えているエンジニアには、特におすすめです。AWS上でサービスをを利用するために設定手順や、運営管理を行うために必要なポイントがまとまっており、現場でのノウハウが詰まっています。

また、日々のトラブルに対応するための設計や運用監視、コストを最小限に抑えるための方法など、様々な情報を得ることができます。

「AWS入門」のメリット・デメリット

ここにおいて特筆すべきは、やはり入門者向けに丁寧に教えてくれるということでしょう。導入に決定権のある部門やそのポジションにいる方向けの解説書といった形をとっています。導入したいシステムの解説や、どういった機能をなすものなのかを知るには、必携の一冊となっています。内容についても、AWSとは何か、ということから丁寧に解説されているため、これからの導入を検討されている方には最適と言えるでしょう。

しかしその反面、技術的なことについて深く掘り下げて学ぼうとすると、実際の事例などに触れられていないこともあり、少し物足りなさを感じてしまうこともあるようです。AWS学び始めのための書籍として利用し、その後より詳細な入門書をご参考にするとよいでしょう。