「BaaS」とは|テクスタ辞書


「BaaS(Bakend as a service)」とは、モバイルアプリのバックエンド機能を提供しているクラウドサービスのことです。

BaaSの概要

BaaSでは、スマートフォン向けのモバイルサービスでよく利用される機能を、簡単な設定でアプリと連動して利用できるようになっています。多くの場合は、APIを呼び出すだけで、サーバ側のコードを書かなくても、必要なサービス構築を済ませることができます。BaaSを利用することでアプリの開発者と運営者は、同じようなサーバーの準備を繰り返さずとも、アプリそのものにソースを集中させることが可能です。

BaaSのメリット・デメリット

BaaSのメリットは守備範囲の広さです。ユーザID登録の管理や、メール、プッシュでの通知など、必須な機能はもちろんカバーしています。GPSでの位置情報やSNSとの連携も可能と、まさにスマートフォンアプリ開発者にはぜひ活用したいサービスです。

その反面でBaaSにはデメリットもあり、例えば複数のアプリをリリースしているような会社の例が挙げられます。この場合には、全アプリを通して特定ユーザーの利用状況を分析することができない、という状況に陥ることがあります。また、特定BaaSを利用する全アプリで共通のユーザIDを提供するような会社では、アプリの種類によって、連携するSNSアカウントを使い分けにくくなってしまうというデメリットもあります。