「CakePHP」とは|テクスタ辞書


CakePHPとは、cakeソフトウェア財団が開発するオープンソースのPHP用フレームワークであり、Webアプリケーションを高速で開発することを目的として作られています。

CakePHPは先行するRuby 用フレームワークのRuby on Railsに強く影響を受けており、複雑な設定を必要としないシンプルなフレームワークとして広く使われています。MITライセンスの元でフリー配布されているので、誰でも自由に使用することが可能です。導入が容易で、また高いレベルでユーザーの要求に応えられる機能を有しています。

CakePHPの特徴

CakePHPの一つの特徴として、導入のしやすさがあげられます。PEARなどの外部ライブラリの機能を必要とせず、単体での利用が可能な点、また多くのフレームワークで動作させるために必要なWebサーバーの設定変更の必要がない、PHP4、PHP5のどちらのバージョンでも動作可能など、使い始めるにあたっての障害が少ないというメリットがあります。

また、CakePHPはMVCモデルを採用しています。メイン処理を「Model」、表示や出力を「View」、入力に応じてその二つを制御する「Controller」と、プログラムを三層に分けることで、開発作業の分担やメンテナンスも容易となります。

それに加え、MySQL、PostgreSQLなどの関係データベース管理システムを標準サポートしたActiveRecord タイプのO/Rマッパーは、柔軟かつ簡易なレコードの抽出や書き換えを可能にし、こちらも人気の要因となっています。

フレームワークとして豊富な標準ライブラリは勿論のこと、セキュリティ対策やプラグインによる機能拡張もあります。また日本における利用者も多く、公式サイトをはじめとして日本語による解説サイトが豊富な点も、CakePHPを使い始めるうえでの利点になるでしょう。