「C言語」とは|テクスタ辞書


C言語とは、1972年にAT&Tベル研究所が開発したプログラミング言語です。今現在プログラムは数多くの種類が存在しますが、その草分け的な存在として広く知られている言語です。

【C言語の特徴】
C言語の特徴は、豊富な演算子やデータ型、制御構造を持っていることが特徴で、数多くの製品で利用されています。例えば、メモリやCPUなどに直接命令を下すOS(UNIXはC言語で作成されています)や、機器デバイスの制御、ゲーム制作等々、汎用性が非常に高いのが最大の特徴です。

【C言語を覚える意義】
日本では、C言語を学習する機会が非常に多く(特に学校等)、この言語を学ぶことで、CPUの制御やメモリのデータ保持の概念など、コンピュータの深い仕組みまで理解することが可能なので、これからシステム分野で働こうと考えていらっしゃる方には、学習してみると面白い言語だと思います。
現在普及がもっとも進んでいるオブジェクト指向(例えばJava)は、一時的にメモリに情報を確保し、不要になった後に破棄するガベージコレクションという概念を意識しませんが、このC言語はメモリの使い方を意識しないといけません。厄介ではありますが、コンピュータが動作する仕組みにおいてこの概念は重要ですので、どの言語で開発することになったとしても覚えておいて損はないと思います。

【世の中の言語の基はC言語】
登場から40年以上が経過しているこのC言語ですが、時代とともにコンピュータはGUIの爆発的な普及と、オブジェクト指向という概念の登場により、少しずつ拡張されて色々な言語に進化しています。C++、C#、Javaといった言語は、C言語を基にして、オブジェクト指向の概念を付与した言語として知らています。