CoffeeScriptとは|テクスタ辞書


CoffeeScriptはプログラミング言語の一つですが、JavaScriptのコード量を大幅に削減してもこの言語の要件を満たせるように開発された言語です。そのため、JavaScriptよりも可読性が優れているので近年利用が増えている言語です。

CoffeeScript特徴

このスクリプト言語は、Jeremy Ashkenas氏によって開発されました。

先ほど簡単に紹介した通り、Javascriptのコード量を大幅に減らせる点が魅力的で、可読性の向上に貢献しています。このCoffeeScriptは、コンパイルするとJavaScriptへ変換されることから、JavaScriptでよく開発される方には違和感なく利用される点が魅力的な部分でもあります。

現在単純にJavaScriptでコーディングされているものを、CoffeeScriptに代替できることも、コード量が減らせるという点で魅力的です。

このCoffeeScriptは、Ruby on Railsの環境で標準で利用できます、また記法もRubyと似た点があるので、Ruby系で開発しているサービスなどは敷居が低く、簡単に導入できます。

デメリット

特徴に書いた点を読み解くと、逆にデメリットがあります。それは「JavaScriptへのコンパイル」です。

最終的にJavaScriptへ変換されることから、ブラウザでデバッグを行う際には、コンパイル変換後のJavaScriptとcoffescriptの記載を見比べながら行う点が面倒です。

最近はツール類でCoffeeScriptとJavaScriptを対比しながら確認できるツールもありますが、可能ならば両言語の知識は保持しておくとやりやすいと思います。

altJS

CoffeeScriptは、JavaScriptの中間言語の括りの1つであり、この括りをaltJSといいます。このaltJSに含まれているものの1つにTypeScriptというものがあります。

こちらはMicrosoftが開発したオープンソースです。現在JavaScriptに代わって利用される中間言語の代表的なものは、この2つです。