「コンパイラ」とは|テクスタ辞書


「コンパイラ」とは

「コンパイラ」とは、入力としてソースコードを受け取り、内部で変換処理を行ってオブジェクトコードを出力するプログラムのことです。ソースコードはプログラミング言語で記述したものであり、オブジェクトコードは2進数の羅列である機械語で構成されています。

コンパイラの特徴

プログラムを機械語に変換して実行させるには、2つの方法があります。1つはプログラム全体を一括して機械語に変換して単独のソフトウェアにする方法(このようにして出来たものを実行形式のプログラムと言います)、もう1つはあるソフトウェア(実行形式のプログラム)に依頼をして間接的に指示を出す方法です。前者をコンパイル方式、後者をインタプリタ方式と呼びます。コンパイラは、コンパイル方式で変換を行います。
又、高速に実行できること、特別なソフトウェアが無くても単独で実行できることなどが特徴です。実行形式プログラムは既に機械語になっているため改めて機械語に解釈する手間がかからず、一般的にインタプリタ形式で実行するよりもかなり高速です。

最近の高性能コンパイラシステム

最近のコンパイラシステムは、純粋なコンパイラだけではなく、種々のツールを統合した統合環境というものが主流になっています。この環境では、コンパイラによって実行プログラムを作成するだけでなく、デバッグを行うこともできます。デバッグ機能を利用すると、実行時エラーについても統合環境が監視してくれます。エラーによる被害の防御も行いますし、ソースプログラムでのエラー発生箇所も特定してくれるので、開発者にとっては有り難いことでしょう。
しかし、このようなシステムは比較的高価でディスク容量も多くとりますので、多くの人が手軽に導入できる訳ではありません。操作もそれなりに難しく、使いこなすにはそれなりの努力も必要になります。