「コンピュータ言語」とは|テクスタ辞書


【前文】コンピュータ言語とは(10字)

「コンピュータ言語」とは、人口言語と認識されるもので、コンピュータ関連で使用されている言語のことです。プログラミングを開発・形成する際に用いられる「プログラミング言語」なども、このコンピュータ言語の1つです。(104字)

【特徴】コンピュータ言語の特徴(11字)

コンピュータ言語とは、コンピュータ関連で使用されている言語の総称で、何種類か区分があります。中でも、「プログラミング言語」は特に有名で、「コンピュータ言語=プログラミング言語」という意味で使われることもあります。
プログラミング言語は、ソフトウェア関連の言語です。その中でも、更に細かい種類や分類があり、コンピュータ言語に含まれる区分としては、最も大きな一群です。代表的な言語としては、「Basic」や「C言語」、「Jave」や「C++」などがあります。
更に、プログラミング言語には世代が存在し、世代ごとに分類する方法もあります。その中でも特に高機能のものを「4GL(日本名:第4世代言語)」と呼び、アプリのプログラムなどを開発する際に使われています。(316字)

【付帯情報】その他のコンピュータ言語(12字)

コンピュータ言語の中でも、プログラミング言語は大きな区分の1つですが、その他にもさまざまな分類があります。一般的には、目的に合わせて使い分けられており、プログラミング言語以外には、4つの分野が存在します。
1つ目の分野は、情報に関する言語です。「SQR」などの問い合わせ言語や、「HTML」などのマークアップ言語などが、この分野に含まれます。
2つ目は動作に関連する言語です。特に、ソフトウェアの動作を設定する為の言語としての意味合いが強く、「INIファイル」などが挙げられます。
3つ目は、システム関連の言語で、「ハードウェア記述言語」や「モデリング言語」がこの分野に含まれます。
4つ目は、人が記述しないタイプの言語で、プリンタや表示の制御を行う為の「ハードウェア制御言語」が代表的です。(335字)

・キーワード「コンピュータ言語」:合計9回使用(見出し:3回、本文6回)