「社内SE」とは|テクスタ辞書


「社内SE」とは、特定の企業に属し、社内のネットワークやITシステムの企画•開発•保守•運用•管理などを行うエンジニアの総称です。

社内SEの特徴

社内SEは、社内で起きる情報システムに関するトラブルシューティングや運用サポート行い、各事業部などの技術者向けにコンサルティングやアドバイスなども行います。他社企業を顧客とするSler(外部SE)と違い、自社の社員が主な顧客対象になります。その為、社内調整力とコミュニケーション能力といったスキルが多く求められます。

社内SEのメリット

特定の企業に属し、自社向けにITシステムのサポート業を行うので、Slerと比較するとスケジュールが自由に組め、一つのプロジェクトやシステム開発に腰を据えてじっくりと取り組む事が出来ます。また、システムを構築する上で社内の経営層や関係部署などとコミュニケーションをとるのでプロジェクト管理スキルやコミュニケーション能力を磨くことが出来ます。社内の顧客との距離感が近いので、日々の業務の中で一体感が感じられやすいポストと言えます。

社内SEのデメリット

実際のシステムの構築や開発を外部業者に発注した場合などは、社内の運用•管理業務が中心になるので、様々な外部のプロジェクトに携わるSlerと比較して技術的経験やスキルが磨きにくい環境におかれる場合があります。日々社内で発生する様々なシステム上のトラブルの解決に狩りだされやすいのでいわゆる「便利屋」の様な扱いを受ける事もあり、職務の重点が開発だけに限定されないという側面もデメリットの一つと言えます。