「C++」とは|テクスタ辞書


「C++(読み:シープラスプラス)」とは、現在広く普及しているオブジェクト指向型のプログラミング言語の1つです。日本では、略して「シープラプラ」、「シープラ」などとも呼ばれています。

C++の特徴

C++は、C言語に仕様を追加することにより拡張した言語です。C言語に無い要素としては、クラスの定義や継承などのオブジェクト指向プログラミングのためのもの、関数や演算子のオーバーロード、テンプレート、仮想関数、例外処理、名前空間などがあります。
プログラムの部品化や再利用がしやすいので、複数人で大規模なシステムを開発するのに向いています。又、様々なマイクロプロセッサやOS向けの開発環境では標準的にC++コンパイラが提供されており、対応環境が多いのも特徴です。
しかし、一方では言語拡張の繰り返しによって複雑で難解な言語になっているとの批判もあります。

C++の歴史

C++は、1983年にAT&T社ベル研究所(当時)のビャーネ・ストロヴストルップ氏が考案し、1998年にISO/IEC14882として標準化されました。そして、この後数年間に渡りANSIとISOの合同委員会は不具合の報告を続け、2003年に訂正版を出版しました。日本でも、2003年にISO標準を和訳したものをJISの一部として標準化しています。
名称の由来は、C言語に存在する算術演算子の1つであり、整数型の変数に1を加算するインクリメント演算子「++」からであると言われています。