「データアナリティクス」とは|テクスタ辞書


「データアナリティクス」とは、さまざまなデータや情報を分析し、そこから未知の情報を割り出したり、結末を予測したりする手法のことです。「ビッグデータアナリティクス」と言う場合もあります。

データアナリティクスの特徴

データアナリティクスとは、データからさまざまな情報を読み取り、物事の判断や経営などにいかす手法のことを言います。近年注目を浴びていて、データアナリティクスを重要視する企業が増えています。

そもそも、日々増え続けるデータの有効活用に関しては、以前から重要視されていました。さまざまな企業が、「アナリティクス・ソリューション」などの分野に力を入れ、日々分析を続けていたのです。しかし、単純に分析をするだけでは、有効活用はできません。また、情報やデータは常に増え続けるので、分析し続けるのは容易なことではありません。そこで、データアナリティクスという手法が注目を浴びるようになったのです。

その結果、情報の分析だけではなく、膨大な量のデータの中から、重要なものとそうでないものを、より細かく正確に区別することが可能になりました。そして、現在のように、それをビジネスや経営のいかしていくことで、情報を効率的に活用することができるようになったのです。

データアナリティクスの市場について

データアナリティクスが重要視されるようになったことで、データアナリティクスそのものをビジネスとする企業が登場しました。その結果、「データアナリティクス市場」や「ビッグデータアナリティクス市場」と呼ばれる市場が、急成長を遂げるようになったのです。

この市場には、統計解析やビジネスインテリジェンス(別名:BI)、アクセス解析やそれに伴う人的サービスなどが含まれています。データアナリティクス市場の成長は、今後も長期的に続くと見られています。現在展開されているデータアナリティクスに関するビジネスの他にも、新たなビジネスやサービスが次々に登場していくと予測されています。

例えば、現在は非構造データの解析などは進められていませんが、将来的にはデータアナリティクスの手法をいかして、非構造データの分析・活用もできるようになると言われています。

データアナリティクス市場は、IT業界のさまざまな分野の中でも、特に成長が期待できる市場なのです。