「データ構造」とは|テクスタ辞書


データ構造とは、コンピュータの中でデータの集まりを処理する時に、そのデータを効果的に扱って格納するよう、系統立てて整えられた一定の形式のことです。データ構造には、様々な種類があり、それぞれ適した分野があります。

データ構造の詳細 – 種類

データ構造には、配列、連想配列、連結リスト、木構造といった種類があります。「配列」は複数のデータを列状に連続して並べたものです。「連想配列」はデータと別のデータ、データとデータ構造をそれぞれ一対一で関連付けて格納するものです。

「連結リスト」は、それぞれのデータが一つ前か後あるいはその両方のデータへの参照情報を持つ構造のことで、複数のデータを格納することができます。「木構造は」、ある階層に属するひとつのデータから、その下位階層にある複数のデータが枝分かれしたように配置される構造のことです。

データ構造の選択について

システム開発の早い段階で、どのようなデータ構造をとるのかを決めておくと、保守性の高いプログラミングを行うことができます。保守性の高いプログラムを設計するためには、扱うデータがどのような性質のものなのか、どのようなデータ構造が適しているのか、吟味して最適なデータ構造を選択する必要があります。
その選択次第で、そのプログラムの処理性能や複雑さに大きな影響を及ぼすことになるのです。