「デザインエンジニア」とは|テクスタ辞書


「デザインエンジニア」とは、IT関連の職業の1つです。デザイナーとエンジニア、両方の分野に精通しており、エンジニアとしても、デザイナーとしても、業務をこなすことができる存在を指します。

「デザインエンジニア」の特徴

デザインエンジニアの特徴は、エンジニアでありながら、デザイナーの業務もこなせる点です。

主な業務内容は、ソフトウェアやシステムなどの、各分野のエンジニアリングとデザインです。その為、デザインエンジニアには、エンジニアとしてだけでなく、デザイナーとしての知識や技術も求められます。

企画や工程にもよりますが、通常であれば複数の人が分担して作成するソフトやwebサイトなども、デザインエンジニアが1人である程度まで作成できる場合があります。1人で複数の分野をカバーできる点は、デザインエンジニアの最大の強みなのです。その為、業務やプロジェクトの効率アップに大きく貢献する職業として、デザインエンジニアの育成や採用を重要視している企業が増えています。

デザインエンジニアになるには

デザインエンジニアを目指すには、エンジニアとデザイナー、それぞれの業務をプロとしてこなせる程度の技術や知識は欠かせません。

例えば、エンジニアとして、プログラムの開発やコードの書き換えはできるようになっておく必要がありますし、同時にデザイナーとして、Photoshopなどの画像の加工ソフトを使えるようになっておくことも大切です。

また、デザインエンジニアとして携わっているプロジェクトや商品を、その他の職種や部署の目線で見る想像力も求められます。デザインエンジニアは、2つの職業を兼任する場合が多く、デザイナーとしてもエンジニアとしても、他の職種や部署の人たちと関わる機会がたくさんあります。さまざまな立場の目線で企画やプロジェクトを見る広い視野と、たくさんの人と円滑にコミュニケーションを取ることができる対人能力も、デザインエンジニアになる為には必要なのです。