「開発言語」とは|テクスタ辞書


「開発言語」とはシステム開発やソフトウェアを開発するために使用されるプログラミング言語、及びコンピューター言語の総称です。プログラミング言語を記述することによって、コンピューターに指示します。

開発言語の詳細

開発言語の「開発」というのは、「新しい物を生み出すもの」を意味しており、その際に使われる言語を「開発言語」と呼んでいます。開発言語は、大きく分けて「コンパイラ言語」と、インタープリタ言語の一種類である「スクリプト言語」の2つに分けられます。特にC言語、Java、PHP、Rubyなどは人気の開発言語です。

コンパイラ言語

プログラミング言語を予め機械語に翻訳するものを「コンパイラ言語」と呼びます。

コンパイラ言語は汎用性が高く、大規模な開発に向いていますが開発コストが高いというデメリットがあります。また人間に理解しやすい構文や概念を持つ「高級言語」とも呼ばれています。

コンパイラ言語に属する代表的なプログラミング言語は、C言語、C++、Java、C#、objective-Cなどです。

スクリプト言語

プログラミング言語をその都度機械語に翻訳するものを「スクリプト言語」と呼びます。

スクリプト言語は開発コストを低く抑えられますが、特定のプログラムに特化した用途に向いており、大規模な開発にはむいていません。コンパイル言語に比べ手軽に開発が出来ますが、マシン語に変換しながら実行するので実行速度が遅いというデメリットがあります。

スクリプト言語に属する言語は、JavaScript、Perl、PHP、Python、Rubyなどです。