「独立系sier」とは|テクスタ辞書


独立系sierとは、システムインテグレーションを行う業者のうち、系列会社・親会社などが存在しない、独立した経営を行っている業者を指します。

sierとは、System Integratorのことで、一般的に「SIer」と書き、「エスアイアー」と読みます。

「独立系SIer」の特徴

SIerの業務内容であるシステムインテグレーションとは、ユーザーが望む情報システムを構築することです。

通常、システムの構築・運用までを行うのがSIerの役割です。特にシステムを構築する際には、ユーザーの業務内容を正確に把握・分析し、解決すべき問題点や改善できるポイントを明らかにした上で、これらを改善・解決できるシステムを計画します。

SIerは、一般的に、独立経営である「独立系Sier」、メーカー系列の「メーカー系Sier」、システムを使うユーザーの立場であった親会社を持つ「ユーザー系Sier」に分類されています。

独立系SIerに勤務した場合のメリットとデメリット

独立系SIerには、親会社や系列会社が存在しません。このため、システム構築を行う際に、使用する製品にメーカー系SIerのような制約が無く、数あるメーカーの製品の中から最適な物を自由に選び、組み合わせることができます。その結果、ユーザーの希望に最もあうサービスを提供できる可能性が高まります。

また、系列会社や親会社の意向に沿う必要がないため、どのユーザーの案件を受けるか、自由に選ぶことができます。

一方、この「独立経営」という特徴は、メーカー系SIer・ユーザー系SIerと比べると、デメリットともなります。デメリットは大きく分けて、二つあります。

1つ目は、親会社・系列会社がないために、常に自分たちで新たな案件を受注していかなければならない、という点です。そのため、純粋なシステム構築・運用業務に加えて、営業も行わなければならないケースが多くあります。

2つ目のデメリットは、独立系Sierで働くと、職場を転々とし続けなければならない可能性がある、という点です。プロジェクトが終了すれば、次の案件を探さなければならない、ということは、働く立場からすると、プロジェクト毎に業務を行う場所も変わる、ということを意味するからです。