「ESEC」とは|テクスタ辞書


「ESEC(イーセック)」とは、組込みシステム開発技術展のことで、組込みシステム開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントから開発環境に至るまでが一堂に出展される専門展です。

特徴

ESECは、毎年春にソフトウェア開発環境展など数種のイベントと同時に東京で開催されます。主催はリードエグジビジョン ジャパン株式会社です。2016年のESECは5月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される予定です。

ESECの目的

ESECは、組み込みシステム業界向けの商談のための展示会です。毎年多くの企業のシステム設計者や開発者・応用技術者、ハードウェアやソフトウェアの設計者・開発者・応用技術者が来場しており、出展企業と活発な商談と受注を行っています。主な出展社が扱うのは開発支援ツール、テスト・検証サービス、組み込みOS、タッチパネル・ディスプレイ、映像・画像処理技術などで、来場する企業としては自動車メーカー、家電メーカー、通信・モバイル機器メーカー、医療・精密機器メーカー、FA機器メーカーが挙げられます。

ESECに参加するメリット

ESECに出展する企業には、主に次のようなメリットがあります。

・受注の獲得はもちろん、事前アポイントシステムで新規案件も見込める
・高額の予算を持つユーザーと商談できる(大規模プロジェクトが実際に進行中のユーザーを多数誘致しているため)
・落ち着いた環境で効率良く商談できる

3点目の「落ち着いた環境で効率良く商談できる」という点においては、主催者側のこだわりがあり、「ブースから発する音量を80デシベル以下に抑える」「ブースでの抽選会を禁止し、商談の妨げになる喧騒をなくす」「バッジで職種を色分けし、自社の顧客か一目で分かるようにする」といった工夫がなされています。