「ファイル送信」とは|テクスタ辞書


【前文】ファイル送信とは(8字)

「ファイル送信」とは、コンピューターから他のコンピューターへ、ネットワークを使ってファイルを送ることです。「ファイル転送」と呼ばれることもあります。(74字)

【特徴】ファイル送信の特徴(9字)

ファイル送信の特徴は、書類やデータなどを直接会って渡さなくても、メールやwebサービスを使って相手へ受け渡しができる点です。ファイル送信が可能になったことで、企業間のやり取りやプライベートな人付き合いの幅が広がりました。また、ファイル送信を利用したサービスが増加するなど、ビジネスにも大きな影響を与えています。
ファイル送信をするには、送信する側と受信する側で、同一のプロトコルを使わなければなりません。中でも特に使用されているのが、「FTP」です。FTPとは、「File Transfer Protocol」(読み:ファイル・トランスファー・プロトコル)の略称で、ファイルの転送に使われるプロトコルの1種です。初期から使用されている古いものということもあり、インターネット上には、FTPを実装したサーバがたくさん公開されています。(338字)

【付帯情報】ファイル送信の注意点(10字)

手軽にデータのやり取りができるファイル送信ですが、いくつか注意点があります。
まず、送信するファイルの容量には、気を付けておく必要があります。受信する側が容量の制限をしていると、容量が大きなファイルを相手へ送信することができません。対策としては、webサービスの利用などがあります。ただ、webサービスでも容量が制限されていることがあり、大容量ファイルの送受信には有料サービスを利用しなければならない場合もあるのです。
また、ファイル送信を利用したウィルスによる、情報漏洩も懸念されています。これは、ファイルを受信する際に起こり得ることですが、ウィルス入りのファイルが添付されているメールを受信し、そのファイルを開くと、コンピューターがウィルスに感染してしまいます。ウィルスによって、保存されている重要機密が外部に流出する可能性があるので、注意が必要です。(372字)

・キーワード「ファイル送信」:合計10回使用(見出し3回、本文7回)