「ファイル転送ソフト」とは|テクスタ辞書


ファイル転送ソフトとは、ネットワーク経由で他のコンピュータとファイルを送受信する機能を持つソフトウェアのことです。ファイルを転送する際には、送り手と受け手が同じプロトコルを使わなければならない決まりがあります。

ファイル転送ソフトの多くが対応するFTPの特徴

ファイル転送ソフトでは、一般的にはインターネット初期から存在しているプロトコルであるFTP(File Transfer Protocolの略)というファイル転送プロトコルが広く知られています。このFTPに対応するファイル転送ソフトは数多く提供されています。

しかし、FTPはファイル転送時に必要となる情報を暗号化しないため、パスワードやユーザー名も暗号化されずにそのまま送られてしまいます。安全面を考慮した設計とはなっていないため、セキュリティに脆弱性があることが多く指摘されているのです。

ファイル転送ソフトを安全面重視で選ぶには

ファイル転送の方式は、FTP以外にも存在しますが、特にセキュリティ面を重視する場合には、FTPS、SFTPに対応した転送ソフトを選ぶとよいでしょう。FTPSとは、File Transfer Protocol over SSL/TLSの略で、その名称の通り、SSL/TLSによってデータを暗号化して転送を行います。

一方、SFTPとは、SSH File Transfer Protocolの略で、SSH接続でファイル転送を行います。このSSH(Secure Shell)は、通信経路全体を暗号化する接続方法です。

FTPS・SFTPいずれの方式でも送られるデータは暗号化されるので、特に重要なファイル転送を行う場合には、どちらかの方式に対応したファイル転送ソフトを使うことで安全を担保できるでしょう。