「ファイアウォール」とは|テクスタ辞書


ファイアウォールとは、外部からの不正なアクセスや攻撃などから、自分たちのネットワークを守るためのハードウェア及びソフトウェアのことを言います。ファイアウォールとは、元々は火災時に火を遮断するための「防火壁」を意味しますが、ITの分野でも外部からの攻撃を遮断することを目的とすることから、このように呼ばれるようになりました。

ファイアウォールの特徴 – 構成

外部からの通信を監視するためには、内部と外部との通信が必ずファイアウォールを通過する必要があります。そのため、内部ネットワークと外部ネットワークの間にファイアウォールを接続し、ファイアウォールによる内外の通信の監視を始めます。そして、一定の基準に沿って不正と判断されれば、ファイアウォールがその通信を遮断します。

二種類のファイアウォール

ファイアウォールには、大きく分けて二種類のものがあります。

1つは、家庭のPCにも用いるソフトウェアのタイプのファイアウォールです。これをパーソナルファイアウォールといいます。パーソナルファイアウォールは、PCに導入すると、不正なアクセスやコンピュータウィルスを捕捉し、防御してくれます。パーソナルファイアウォールは、ウイルス対策ソフトとして販売されることが一般的です。

2つ目は、企業のネットワークを保護するための専用の通信機器として、インターネットと社内LANの間に設置ファイアウォールです。外部からの不正なアクセスの遮断、また許可されたアクセスのみを通過させる機能があります。