「フレームワーク」とは|テクスタ辞書


フレームワークとは、システム分野における意味では、使われるプログラムの処理を汎用化して、簡単に使えるようにライブラリ化したものを指します。「フレームワーク」という言葉自体には、枠組み、骨組み、骨格、下部構造、構造、組織などの意味があり、よく思考や問題を整理する際に使われるMECEといった思考の整理術などがあります。

フレームワークの特徴

世の中には様々なシステムが存在していますが、システムが行う処理は似たり寄ったりの処理が行われることが多いです。入出力や通信、値の加工やデータベースとの接続など、システムが行う基本的な部分はどんなシステムも大抵同じです。

毎回最初から開発者がプログラムを書いていては、時間が勿体無かったり、開発者のプログラムの書き方で差が出てしまうことから、予め共通化できる部分は提供してしまおうというのが、「フレームワーク」です。

フレームワークの必要性

フレームワークを利用することで、開発工数を削減することが出来たり、余計な処理を記載せずに大抵のことをライブラリを呼び出すことで利用できたり便利です。

また、フレームワークは機能毎にプログラムを置く場所(フォルダ)のルールが決まっているので(例えば画面のプログラムはこのフォルダ、データベースとやり取りした後の処理のプログラムはこのフォルダ、など)、可読性や修正のしやすさにも貢献します。

代表的なフレームワーク

現在システム開発で使われている言語の中でも、例えばJavaではStrutsやSpring、RubyはRuby on Railsといった、予め部品化されたプログラム群を提供しているフレームワークがあります。