「ギットハブ」とは|テクスタ辞書


「ギットハブ」(以下、ギッブ)とは、ソフトウェアの共同開発を効率的に行うために利用されるウェブサービスのことです。GitHub社が提供するこのサービスは、2008年の公開以来、今や全世界で900万人を超えるエンジニアやデザイナーが利用しているといわれています。

ギッブの特徴
ギッブでは、ユーザーが作成したソースコードなどのソフトウェア資産を世界中の人々に公開することができ、また、他のユーザーが公開した資産を編集することも可能です。これにより、オープンソースのソフトウェア開発が効率的になります。月額7$からの有料プランにより、リポジトリへのアクセスを特定のユーザーに制限することもできるため、機密性の高い開発プロジェクトにも利用できます。

ギッブの機能
ギッブでは、タイムライン形式での意見交換や、個人やチームに対するメッセージ送受信機能により、コミュニケーションが容易にできます。分散型バージョン管理システムである「Git」の機能を利用しているため、資産の履歴管理にも優れています。ギッブ上でソースを見ながらコミュニケーションが取れることで、プログラムの作成のみでなく、コードレビューも1つのアプリケーション上で効率的に行うことが可能となります。