「Git」とは|テクスタ辞書


GIT(読み:ギット)とは、プログラムのソースコードやドキュメントなどのデータファイルを共同で効率的に管理するためのシステムです。GITは、もともとLinux 用に開発されたシステムですが、今日では世界中で幅広く用いられています。

GITのバージョン管理システム
まずGITの機能として特徴的なのは、バージョン管理システムを備えていることです。これは、各々のファイルにおいて、いつ、どういった変更が加えられたか、というバージョンを逐一記録しているということです。そのため、任意の過去の日時のバージョンを参照することができ、さらにその状態に戻すこともできるので、やり直しが容易になります。また、あるプロジェクトファイルの特定のバージョンから別の派生プロジェクトファイルを分岐させて作成したり、またそれを元のプロジェクトファイルに融合させることもできるので、編集の融通が効きます。

GITの分散型管理システム
GIT最大のメリットとして、分散型管理システムであることが挙げられます。これは、データを変更する際に、管理するデータの原本であるリポジトリを編集者の手元のコンピュータへ全ての変更履歴を含めて完全に複製し、編集を終えた後で大元の管理サーバと同期して変更を適応するという方式です。そのため、管理サーバとオフラインの状態でも編集作業をすることができます。また、複数の利用者が同時に内容を編集しても上書きし合うことがなく、先に編集した変更内容が上書きによって消失してしまうことを避けられます。これらのメリットから、GITは昨今の管理システムの主流となっています。