「Go言語」とは|テクスタ辞書


「Go(読み:ゴー)言語」とは、2009年にGoogleにより発表されたオープンソースのプログラミング言語のことです。C言語の開発者Ken Thompson,UTF-8の開発者Rob Pike,memcachedの開発者Brad Fitzpatrickといった有名なエンジニアによって開発されています。

Go言語の特徴

Go言語は,CやC++などが使用されるプログラミングの領域で,より効率良くプログラムを書くことを目的に作られました。他の言語が持つような機能の多くが削られており、それによりコンパイルの高速化や予期せぬミスの削減に役立っています。

しかし、一方で近年のプログラミングに求められるモダンな機能は積極的にサポートしています。例えば、コンパイル時にOSとCPUアーキテクチャを指定し,その環境に合わせた実行ファイルを生成できます。又、ゴルーチンという軽量スレッドを用いて処理を並行に実施し,同時に実行されているゴルーチンの間ではチャネルという機能でデータをやりとりするしくみも備わっています。

充実した開発環境

Go言語では、開発を助けるさまざまなパッケージやツールが最初から用意されており,各エディタやツールのためのプラグインなども公開されているため,すぐに開発を始めることができます。標準パッケージは非常に充実していて、外部のパッケージに頼らなくてもかなりの部分をカバーできます。又、開発を支援するコマンドも同梱されているので,さまざまなツールを使用できます。

発表当初はLinuxとMac OS Xのみしかサポートされていませんでしたが、バージョンアップに伴い、Windows、Android、iOSもサポートされるようになりました。