「ハンズオンセミナー」とは|テクスタ辞書


 
 「ハンズオンセミナー」とは、専門家や講師から直接手ほどきを受ける、体験型のセミナーです。現在、多くのIT企業でエンジニア向けのものから初心者向けのものまで、多様なセミナーがハンズオン形式で開催されています。

「ハンズオンセミナーの内容」
 例えば、富士通クラウドではゼロからクラウドサービスの構築を体験できるセミナーを開いたり、IBMではBluemixをWeb API(Application Programming Interface)の作成、公開、管理に利用する方法を直接指導するセミナーを実施したりしています。この他にも、株式会社BizReach(ビズリーチ)のように「初めての機械学習勉強会」と題して、機械学習初心者向けのハンズオンセミナーを開催している企業もあります。
 
「ハンズオンセミナーへの参加方法」
 多くのハンズオンセミナーは、主催者側があるコンテンツの普及を目的としているため、ほとんどの場合は参加費が無料です。ただ、多くのハンズオンセミナーは定員が設けられているため、事前予約は早めに行う必要があります。個人のPCが必要な場合もありますが、事前に当日扱うWebサービスのアカウントを取得しておくといった簡単な準備で参加できます。ハンズオンセミナーの広告は企業のホームページに掲載されているほか、エンジニア向けのイベント情報検索サービス「dots.」(ドッツ)などでも紹介されています。