「HTML」とは|テクスタ辞書


「HTML」とは、Hyper Text Markup Languageの略で、Webページを書くために開発されたマークアップ言語です。文書の構造を作ったり、画像や動画などを挿入したりすることができるので、現在公開されているWebページのほとんどはHTMLが使われていると言われています。

HTMLの詳細 – 構造

HTMLファイルは、W3Cという団体の規格に沿って作られた、文字で記述されているファイルです。

HTMLファイルそのものは、ブラウザに表示させる文書や画像、音楽データなどの種類や大きさ、配置を指定するのみで、HTMLがこれらのファイルを呼び出すことで意図した内容がブラウザに表示されます。

HTMLの構造には大きく分けて3つあり、「ヘッダー部」「本文メイン」「フッター部」と分けられます。

ヘッダー部とフッター部はHTMLであることを宣言したり、タイトルを表記したりするなど、ブラウザの表示に直接は関係しない部分です。本文メインは実際にブラウザに表示させる部分で、全体の配置や文字、画像の指定を行います。

また、HTMLファイルは、ホームページの閲覧者がブラウザ上で内容を編集したり、サーバーにあるファイルを書き換えたりすることはできません。

HTMLを使いこなせるようになるには

HTMLは、Webサイトのコーディングを行うためには必ず覚える必要があるスキルです。

Webサイトの構築で、HTML はコンテンツを文字で書きこむところであり、文字の色や画像の大きさ、全体の配置、段落などそれぞれの情報にタグを割り当て、これらを組み合わせることでHTMLファイルを形成しています。

タグはアルファベットの羅列のようなものなので、すぐには体得できません。そのため、初心者のうちは中身を完全には理解できなくても、とにかく指示通りにコーディングを続け、経験を積むことが必要だとされています。

最近ではHTMLの使い方を一から学べる本やインターネットのブログサイトが豊富にあるほか、無料の生放送授業で学べるオンライン動画学習サイト「SCHOO(スクー)」や、プログラミングをオンラインで書きながら覚えることができる学習サービス「CODEPREP(コードプレップ)」など、様々なタイプのオンライン学習サービスもあります。