「HTMLコーダー」とは|テクスタ辞書


【前文】htmlコーダーとは(7字)

「htmlコーダー」とは、IT系の職業の1つです。「htmlコーディング」などの業務を担当します。htmlコーディングとは、webサイトなどのデザインをブラウザで閲覧できるように、最適なコードに書き換えることです。(95字)

【特徴】htmlコーダーの特徴(8字)

「htmlコーダー」には、業務の範囲が幅広いという特徴があります。業務内容は大きく分けて3種類あります。
1つ目は、htmlコーディングです。Webサイトのデザインは、Webデザイナーが担当しますが、SEOなどを考慮していない場合があります。その為、htmlコーダーが、Webデザイナーの考えたデザインをもとに、適切なhtmlのコードへと書き換える必要があるのです。
2つ目は、Webサイトの更新です。HPやWebサイトの質を向上させることを目的とした業務で、テキストや画像の修正や追加を行います。
3つ目は、ガイドラインの制定や作成です。htmlコーダーが社内や部署に複数いる場合、スムーズにやり取りできるように、さまざまなルールを作る必要があるのです。(297字)

【付帯情報】htmlコーダー必要な知識・技術(13字)

htmlコーダーの業務内容は幅広い為、さまざまな分野の知識や技術を身に着けておく必要があります。
PHPやJava scriptなどのプログラミング言語の他、SEO対策やW3Cに関する情報や知識、ブログなどのCMSを活用する技術なども求められます。
また、コミュニケーション能力も重要視されています。htmlコーダーは、他の職種と打ち合わせや相談を頻繁に行う職業なので、周囲に馴染んで、スムーズに業務を進めていく能力も必要なのです。特に、Webデザイナーとは接触する機会が多いので、Webデザインなどの他職種の知識なども、身に着けておくと便利です。(245字)

・キーワード「htmlコーダー」:合計9回使用(見出し3回、本文6回)