IDEとは|テクスタ辞書


IDE(読み:アイディーイー)とは「 Integrated Development Environment(訳:統合開発環境)」の略で、ソフトウェアの開発に必要な様々なツールを一つのソフトウェアとして統合し、同じ操作画面から使用できるようにしたものです。

IDEの詳細

エディタ、コンパイラ、デバッガ、リンカ、テストツールなど、ソフトウェアの開発に必要なツールは多岐にわたります。本来それらはバラバラのソフトウェアであり、操作感も当然違いますが、「IDE」はそういったツールや、それらを扱うにあたり必要になるファイルをひとまとめにして機能を連携させ、統一性を持たせています。

それによりソフトウェア開発の際の負担を少なくし、より効率的に作業を進めることが出来ます。この統一性のために、多人数での共同開発の際にも、ソースコードの連携や、他人のコードの修正も容易に行えます。

また、IDEによく見られる特徴として、GUI(読み:ジーユーアイ、またはグイ、グーウィー等)と呼ばれる、画面や情報をグラフィック要素を多用して整理するUIを中心とした動作が前提にされていることが多くあります。というのも、文字入力によってデータの操作を行うコマンドライン入力方式だと、こまごまとした開発補助機能が使いにくく、操作が煩雑になってしまいがちだからです。

IDEの種類

一口にIDEといっても、色々な種類があります。例を挙げるならMicrosoft社の「Visual Studio」やアップル社の「Xcode」、アドビシステムズの「Adobe Flash Builder」やIBMの「Eclipse」、本来はテキストエディタですが拡張性の高さからIDEとしても使える「Emacs」など。それぞれ対応しているプログラミング言語の数や種類、拡張性が異なり、その為どういった用途に使いやすいかも変わってきます。IDEによる作業を行うのであれば、自分達の開発用途にあったものを用いればより開発を効率的に行えます。