「インフラエンジニア」とは|テクスタ辞書


インフラエンジニアとは、企業のITインフラを「設計」「構築」「保守」「管理」する専門の技術者のことを言います。

インフラエンジニアの特徴

インフラエンジニアの業務を大きく分類すると上記の通りですが、実際の仕事内容は企業によって様々であり、その定義を明確にすることは難しいとされています。しかし、『インフラ』という言葉は基盤や下部構造などを指し、インフラエンジニアはその名の通り企業活動、ひいてはIT社会の土台を支える職種です。

インフラエンジニアにとってのお客様は、エンドユーザーである消費者とは別に、企業の開発者です。商品を開発するのではなく、その商品を開発し提供できる環境を作り、維持することが主な業務となります。

具体的な業務内容

インフラエンジニアの業務は、企業が求める環境やシステムの要件を定義することから始まります。その後、その要件を実現するための設計から、必要な機器の調達や配線、OSや各種ソフトウェアの設定、日々の管理運用やトラブルシューティング、記録のバックアップやセキュリティ、性能や設定の改善・調整など多岐に渡ります。

また、なにか障害が起こった場合に、それがインフラ由来の問題なのか、プログラムが原因で起こったものなのか切り分ける判断力も求められ、広く深い知識が必要とされます。

インフラエンジニアの将来性

近年では、クラウド技術の発展により、ハードウェアのセットアップやOSのインストールが不要となるシーンが増えてきました。そういった意味では、IT業界内での立ち位置は変わっていくかと思われます。しかし、企業が開発するために必要な環境を構築、維持するインフラエンジニアのスキルは、今後も重要なものとなるでしょう。