「IT業界」とは|テクスタ辞書


「IT業界」とは、ビジネスにおける分野の1つです。主に、情報技術を扱う企業や会社の総称ですが、その範囲は広く、さまざまな分野に分類することができます。

IT業界の特徴

IT業界は、「IT」に関連するビジネスや企業の総称です。ITとは「インフォメーション・テクノロジー」の略称で、目的などの実現の為に、コンピューターを活用する技術や手法のことを言います。IT業界には、さまざまな職種や企業の形態が存在しており、大きく4つの分野に分類することが可能です。

1つ目の分野は、「インターネット・web業界」です。主にwebサイトやポータルサイトの制作、通販サイトやSNSの運営や管理などの業務を担当しています。

2つ目は、「ソフトウェア業界」という分野です。OSやそれを実行する為のプログラムなどの開発を行っている業界です。

3つ目は、「ハードウェア業界」です。コンピューターやパソコンの本体のほか、マウスやプリンターなどの周辺機器を取り扱っています。

4つ目の分野は、「情報処理サービス業界」です。「SI」や「システムインテグレート」と呼ばれることもあり、企業や顧客に情報システムを提供・導入する際に必要な、手順やサービスなどを提供している業界です。

IT業界のさまざまな職業

IT業界は、さまざまな分野によって成り立っています。その為、それに関する職種もたくさん存在します。例えば、インターネット・web業界では、「webディレクター」や「webデザイナー」が活躍しています。

また、ソフトウェア業界には、「ネットワークエンジニア」や「システムエンジニア」など、エンジニア職と呼ばれる職業が数多く存在しています。

ハードウェア業界には、「組込みシステムエンジニア」などの、ものづくりに携わる職種も含まれています。情報処理サービス業界は、ソフトウェア業界とハードウェア業界を繋ぐ業界でもある為、他の業界と比較すると、接客や営業に近い職種も含まれています。「ITコンサルタント」や「セールスエンジニア」などが、情報処理サービス業界を支えています。

しかし、IT業界における職種の線引きは、非常に曖昧です。例えば、エンジニアであっても、デザイナーのようにwebサイトのデザインができる人材のことを、「デザインエンジニア」と呼ぶことがあります。

専門外の業務を担当することもある為、IT業界で働いていくには、職種や部署にこだわらず、自分ができることには積極的に挑戦していく姿勢が大切だと言われています。