「Javaアプレット」とは|テクスタ辞書


 「javaアプレット(java applet)」とは、javaアプリケーションの一種で、主要なプログラミング言語の一つであるjavaを用いて、ファイルの読み書きなどを実行するソフトウェアです。1995年に発表されたもので、最近ではほとんど話題になることもありませんが、実行できる命令にあえて制限を設けるなどの対策でセキュリティに信頼があるため、現在でも信頼性が求められる大規模なシステム設計などでは頻繁に利用されています。

「javaアプレットでできること」
  Javaアプレットを使うと,ブラウザの画面の中でアニメーションを表示したり,マウスやキーボードの操作だけでクリッカブルマップを作ったりするといった、インタラクティブなホームページを作成したりすることができます。これらの作業は、HTML(Hyper Text Markup Language)の記述だけでは作ることができません。Javaアプレットでは、図形の座標を記述することで、自分が描きたい線や形も自由自在に生み出すことができます。

「javaアプレットの利点・欠点」
 Javaアプレットの優れた点は、「クライアント側で動作する分サーバへの負荷が少ない」「サーバへの問合せ回数が少ないため応答が早い」「きめ細やかな画面を実現しやすい」という点です。プログラムの動作が全てクライアント側で実行されるので、ネットワーク回線が混んでいてもスムーズに接続できます。また、javaアプレットは画面を作るのにブラウザの能力を利用しないため、サーバ側でプログラムが行われるよりも高い表現能力が発揮できます。一方で、欠点は「起動やアプリ変更の度にダウンロードが必要になる」「クライアント側にjava VM(java仮想マシン)のインストールが必要」「実行できる命令に制限がある」ことです。しかし、セキュリティの観点から見ると、実行できる命令に制限があることは、メリットと考えることができるかもしれません。