「JDK」とは|テクスタ辞書


「JDK(読み:ジェーディーケー)」はJava Development Kitの略で、Oracle社が無料で配布しているJava言語開発環境です。Javaでソフトウェア開発に必要な最低限の開発•実行ファイルがまとめて1つのパッケージに入っています。日本語に直訳すると「Java開発キット」という意味です。

JDKの詳細 – JDKの中身

コンパイラのJavac、実行環境のJRE、クラスライブラリ、Java仮想マシン、バグを見つける為のデバッガjdb、Java APIなどが入っています。この中でも重要なアプリケーションがコンパイラです。

コンパイルとは翻訳という意味で、Java用のファイルに変換する作業を行うアプリケーションをコンパイラと呼び、「.class」のJava用の中間ファイルに変更します。

JREとJava仮想マシン(JVM)

JREはJava Runtime Enviromentの略で、Java言語で開発されたプログラムを実行するためのソフトウェアのセットです。JDKとJREの違いは「JDK」は開発するもの、「JRE」は実行するものという違いです。

JVMはJREに含まれているアプリケーションの1つです。仮想マシンを利用することで、コンパイラで作成された
バイトコード(中間ファイル)を読み取り動作させることが出来ます。