「JavaScript」とは|テクスタ辞書


Javascriptとはプログラミング言語の一つで、オブジェクト指向のスクリプト言語の一つです。主にWebブラウザ側で動作させる処理を定義するために利用し、近年のホームページに多種多様な動作を施しているものになります。

【JavaScriptの歴史と特徴】
JavaScriptは、かつて存在していたNetScapeというWebブラウザをリリースしていた、アメリカの米Netscape Communications社によって開発されました。このJavaScript最大の特徴は「スクリプト言語」であるという点です。通常プログラミング言語は、C言語やJavaのようにプログラムをコンパイルして、機械語に変換する流れがありますが、スクリプト言語は、このコンパイルという処理を実施しなくて良い特徴があります。

【JavaScriptの利用用途】
JavaScriptを記載する方法は、HTMLソース内に、タグで囲む方法と、JavaScriptを記載したファイルを、jsという拡張子で保存した後に、HTMLファイルでこれを読み込ませる方法があります。
JavaScriptはWebブラウザを動的に制御させることができるので、下記のような使い方が一般的です。
 ・掲示板や入力フォームの文字チェック
 ・マウスアクション等で変化するイベント処理や制御
 ・テキスト文字の処理、加工
などが行えます。近年では数多くのウェブサイトで同じような処理を施すことや、HTML5やCSS3の普及により、JavaScriptで行える処理をより高度にしたものがあるため、ライブラリ化されたものが広く公開されています。