「Linux」とは|テクスタ辞書


 <前文>
linux とは
linux (読み:リナックス)とは、WindowsやOSX(Mac)、androidやiOSなどと同じく、オペレーティングシステムです。日本ではリナックスと読むことが一般的ですが、正式な読み方は存在せず、リナックスの他にリーヌークやリヌクス、ライナックスなどと読んでも間違いではありません。

<特徴>
linux について
linuxは1991年当時、フィンランドのヘルシンキ大学に在学中だった大学院生リーナス・トーバルズ(Linus Torvalds)氏によって0から開発されました。本来、linuxはOSの中核であるシステムの演算処理や制御、ハードウェアとソフトウェアの連絡を管理する『カーネル』を指す名称でしたが、次第にOSを構成する他のソフトウェアやアプリケーションソフトを含めた『linuxディストリビューション』というパッケージ化されたものをlinuxと言うようになりました。

<付帯情報>
linuxの特徴
linuxの最大の特徴はライセンスの範囲内で『誰でも、自由に、改変や再配布が可能』という点です。linuxディストリビューションは数多く存在し、無償で利用できるものや有償のものがあります。有償のディストリビューションでも、導入コストはWindowsの数分の一に抑えられます。
自由度の高さからlinuxはパソコンだけではなく、サーバー機器や携帯電話、テレビやデジタル家電など、広範囲のハードウェアに使用されており、実は非常に身近なOSです。また、ビジネスとしてlinux上で動作するアプリケーションの開発がしやすいため、世界中のプログラマーや企業がlinuxの開発に協力しています。
問題点が発見されると世界中の人によってすぐに改良が行なわれるため、他のOSと比べて軽快で、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、非常に安定して動作します。OSから不要な機能を削ぎ落とし、必要な機能だけでOSを再構築できるのもlinuxの特徴です。
欠点を挙げるならば、Windowsではないということです。そのため操作方法や使われる用語が異なります。無償のアプリケーションが非常に豊富ですが、Microsoft Officeは使えません。基本的に英語圏なので日本語環境に弱いという点も挙げられます。
欠点もありますが、それを上回る利点のある『linux』。WindowsXPのサポートが終了した2015年現在、遊んでしまっているパソコンがあるという方はlinuxを試してみるのはいかがでしょうか。