「M2M」とは|テクスタ辞書


M2Mとは、「 Machine to Machine 」の略で、機械と機械が通信ネットワークで互いにやり取りをすることを意味します。M2Mにより、モノ同士が人を介することなく自律的に高度な制御や管理などを行うことができます。

M2Mの特徴

M2Mの仕組みが活用されると、IoT(internet of things)という考え方が実現されるようになると言われています、IoTとは、コンピューターなどの通信機器だけでなく、あらゆるものにネットワーク通信機能を持たせることによって、モノによるモノの制御、モノによる人の管理などお互いの制御ができるようになる考え方のことをいいます。

M2Mを有効に活用すると、産業の機器の遠隔操作におけるサポートコストを削減したり、自動車のカーナビに搭載して、位置情報を自動で通信したりすることができます。また、自動車盗難対策や交通事故緊急通報システムなど消費者の安心安全のためにも利用されます。

M2Mの利用例

M2Mの利用例として一つ目に、自動販売機の在庫やエレベーターの故障状況を遠隔で管理するというケースがあります。自動販売機やエレベーターにM2Mを利用すると、これらが自律的に認識した情報がネットワークに接続されると、我々は遠隔でも状況を確認することができます。

このようなM2Mの活用により、サポートコストを削減することができます。また、M2Mの利用例として二つ目に、自動車に通信機器を埋め込むことで位置情報を遠隔から確認するというケースがあります。宅配の追跡サービスやカーナビなどに利用されています。