「MVCモデル」とは|テクスタ辞書


「MVC(読み:エムブイシー)モデル」とは、Model View Controller(モデル・ビュー・コントローラ)の略で、ユーザーインタフェースをもつアプリケーションソフトウェアを実装するためのデザインパターンのことです。

MVCモデルの特徴

MVCモデルでは、プログラムをモデル・ビュー・コントローラの3つに分割しています。

「モデル」は、そのアプリケーションが扱う領域のデータとビジネスロジックを表現する要素。「ビュー」は、モデルのデータを取り出してユーザが見やすい形で表示するための要素。「コントローラ」は、ユーザからの入力をモデルへのメッセージに変換してモデルに伝える要素です。

ただ、UIにおける入力と出力は分割するのが難しいので、ビューとコントローラが常に分割できるとは限りません。

MVCモデルのメリット

MVCモデルを使用してシステム開発を行うことには、次の3つのようなメリットがあります。

1つ目は、機能ごとの分離が明確になることによって、それぞれの独立性が確保されことです。そのため開発作業の分業がしやすくなります。

2つ目は、コンポーネント間の依存性が最小限に抑えられるため、他の部分の変更による影響を受けにくい実装ができることです。こうすることによってコンポーネントの再利用性が高まり、開発工数の削減にもつながります。

3つ目は、他のコンポーネントの変更が原因で、複数の担当者が同一のソースに対してメンテナンスを行うというような事態を避けることもできるので、保守性も確保されることです。

このように、開発する際にMVCモデルとしてそれぞれ独立した機能を持たせることで、開発のしやすさ、保守性を担保することができます。