「オブジェクト指向」とは|テクスタ辞書


 オブジェクト指向(Object Oriented)とは、ソフトウェアの設計や開発において、操作手順よりも操作対象に重点を置く考え方のことをいいます。オブジェクトとは、プログラムにおいて操作対象を抽象化する概念をさします。

オブジェクト指向の特徴
 オブジェクト指向という考え方において、オブジェクトは固有のデータとそれに課せられた手続きの情報を同時に持っているものとして考えられています。その上で、オブジェクト指向には、複数のオブジェクトが集まって一つの仕事をするという特徴があります。

オブジェクト指向の必要性
 従来のプログラミングでは、一定のシステムを記述していく場合、何もないところからサブルーチンを記述するというところから始めなければなりませんでした。ここでいうサブルーチンとは、頻繁に使用する定型的な処理を一つのプログラムにまとめて外部から呼び出せるようにしたもののことをさします。しかし、オブジェクト指向の考え方を用いることによって、それまでに蓄積されたプログラムが、データと手続きを併せ持った構造であるオブジェクトとして存在するようになるため、ひとつの部品のようなものとして扱うことができるようになります。また、そうしたオブジェクトをメンテナンスすることも容易にできるようになります。