「オープンソースソフトウェア」とは|テクスタ辞書


オープンソースソフトウェア(英語表記:Open Source Software)とは、ソフトウェアのソースコードが無償で公開されているソフトウェアで、よくOSS(読み:オーエスエス)と略されて呼ばれます。

オープンソースソフトウェアの認定基準

オープンソースソフトウェアは、OSI(The Open Source Initiativeの略)という団体が定めているオープンソースの認定基準を満たしたソフトウェアです。

認定基準としては、ソフトウェアを自由に再頒布できること、ソースコードやソフトウェアの派生物を自由に利用できること、そのソフトウェアの使用者や使用分野を差別しないこと、などが挙げられます。

オープンソースソフトウェアの種類

オープンソフトウェアで有名なものとして、オペレーションシステムであるLINUX(読み:リナックス)、WebサーバーソフトウェアのApache(読み:アパッチ)、RDBMS(relational database management systemの略)のMySQL(読み:マイ・エスキューエル)、プログラミング言語のJAVA(読み:ジャバ)などがあります。

この他にも、スクリプト言語のPerl(読み:パール)、PHP(読み:ピー・エイチ・ピー)、ウェブブラウザのMozilla Firefox(読み:モジラ・ファイアフォックス)などがあります。