「PG(プログラマ)」とは|テクスタ辞書


 「PG(プログラマ)」とは、SE(システムエンジニア)からの指示を基に、プログラミング言語を用いてコンピュータプログラムの記述・作成を行う技術者のことです。SEと混同されることが多いですが、SEはシステム設計を担当するのに対し、プログラマは実際にプログラムを作るのが仕事です。

「PGの役割」

プログラマの最も主要な仕事は、SEから受け取った仕様書通りにプログラムを作成することです。しかし、仕様書が完璧に仕上がった状態で渡されるとは限らないため、実際にはプログラマが仕様書の細部を書き足すという場面も多くあります。また、完成した製品にバグがないかを確認するのもプログラマの仕事です。このように、プログラマはコーディングだけではなく、設計やテスティングの作業をこなすこともあるので、システムエンジニアの仕事に必要な知識もあると便利です。

「上級プログラマに必要なスキル」

中級・上級プログラマという言葉を耳にすることがありますが、今のところプロのプログラマをランク付けする明確な基準はありません。そのため、優秀なプログラマは、PHP、Java、Perlなどのプログラミング言語をいかに使いこなせるだけが重視されがちです。もちろんプログラマとしてプログラミング言語を理解するのはとても重要なことですが、見落とされがちな大切なスキルが「コミュニケーション能力」です。コミュニケーション能力が必要なのは、プログラマは一人で黙々と作業するイメージがありますが、企業で働くなら開発チームの同僚と協力し合える人でなければ務まらないからです。また、顧客の要求を正確に分析して反映させるには、会話の中から相手の理想をしっかり理解する必要があります。