「プロジェクトマネージャー」とは|テクスタ辞書


「プロジェクトマネージャー」(PM)とは、情報処理技術関係の資格の一つで、情報システムの開発プロジェクトの計画や実行に責任を持つ、プロジェクトの管理者のことです。近年、情報システム開発プロジェクトはIT技術の高度化や複雑化などによって、プロジェクトマネージャーの役割がますます重要になってきています。

プロジェクトマネージャーの特徴 – 業務内容

プロジェクトマネージャーの具体的な業務内容は、企業内のプロジェクト責任者として、計画の立案や運営、監督、進行方法の決定、納期や品質、進捗状況の管理、評価など、一連の業務を全て担うことです。

また、これらの技術スキルに加えて、顧客とのネゴシエーション能力や問題解決能力など、臨機応変に対応できる力も求められます。実際に自分で手を動かして作業するということはあまりなく、予算や進捗状況を管理する業務が中心となりますが、プロジェクトの規模が小さい場合は自分で手を動かす場合もあります。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

プロジェクトマネージャーになるには、その企業で携わる開発分野の知識やスキル、経験があることが必須条件になります。さらには、マネジメントスキル、リーダシップ、顧客のニーズをまとめるスキル、アーキテクトスキルなどの多様な能力も必要です。

また、情報処理に関する国家資格としてプロジェクトマネージャー試験というものがあります。試験は、経済産業省の指定試験機関・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報処理技術者試験センターで行われています。最近では、プロジェクトマネージャーとしての採用条件に、この試験に合格していることを挙げる企業が