「プログラミング言語」とは|テクスタ辞書


プログラミング言語(programming language)とは、コンピューターが行う処理の手順などについて、人間がコンピューターに指示を与えるために使う言語のことを言います。

プログラミング言語が動作するまで
 プログラミング言語は人間が理解できるように作られた言語であるため、プログラムを直接動作させることはありません。こうしたプログラミング言語で記述されたプログラムは、そのままの状態ではコンピューターが理解できないため、コンピューターに理解できる言語(機械語)に翻訳する必要があります。アセンブリやコンパイラなどによって翻訳された言語がプログラムを動作させます。

代表的なプログラミング言語
プログラミング言語にはとても膨大な数の種類があると言われています。その中でも代表的なものをご紹介します。
まず、現在使われている言語の中では最も歴史があるC言語は、コンピューターの標準的なプログラミング言語となっており、他の多くのプログラミング言語のもとになっています。C言語をもとに作られた言語には、オブジェクト指向に対応したC++やプラットフォームに依存しないという特徴を持つJava、Microsoft社がJavaなどをベースに独自に開発したC♯などがあります。以上のように、C言語をもとにして作られたプログラミング言語はたくさんあるため、プログラミング言語を勉強したいという方は手始めにC言語を勉強するのがオススメです。