「プログラム言語」とは|テクスタ辞書


プログラム言語(またはプログラミング言語)とは、コンピュータに対する指令となるプログラムを記述するための人工言語です。本来コンピュータが理解できる機械語に代えて、人にとってわかりやすく扱いやすい形でプログラムを作成するために作られています。

プログラム言語の詳細

コンピュータは、機械語と呼ばれる数字の羅列のみで構成されたものしか解釈、実行できません。これを人が判読し、また指令を書き込むのは不可能に近いです(できる人は世界でも極小)。

しかし、人が通常使う自然言語は複雑かつ変則的で、これをコンピュータがそのまま理解することも現時点では不可能です。そこで、人にとって比較的扱いやすく、かつ機械語に変換しやすいよう単純で規則的にされたプログラム言語が使われます。

高級言語と低級言語

プログラム言語には多くの種類と、いくつかの区別の仕方があります。

低水準言語とは、機械語そのものや、機械語に対応する命令を一つずつ記述していくアセンブリ言語のことを言います。対して高水準言語というのは、英語や記号などにより自然言語に近い形で記述するもので、抽象的な記述が可能です。

低水準言語はコンピュータに対して直接的に命令を出せますが、習得が難しく記述も膨大です。一方高水準言語は機械語への変換が必要であり、またコンピュータに対する命令も比較的制限されます。

コンパイラ型とインタプリタ型

高水準言語の中でも、機械語への変換の仕方によってコンパイラ型、インタプリタ型に分けられます。

コンパイラ型はプログラムが完成した時に一括での変換作業が必要で、開発速度や修正のしやすさでは劣りますが、プログラムの実行速度は速くなります。これに対しインタプリタ型はプログラムを実行するたびに変換作業を行うため実行速度は遅くなりますが、開発効率は良くなります。

プログラム言語は種類によってそれぞれに特徴があります。機械語に近くOS開発に使われるC言語やその拡張版のC++、Web系に使われるJavaScriptやHTMLなど、環境や目的あわせて使用していきます。