「レコーディングエンジニア」とは|テクスタ辞書


「レコーディングエンジニア」とは、アーティストやミュージシャンの歌・演奏を録音し、音の調整を行ってCDを作成する専門技術者のことです。「ミキサー」とも呼ばれ、録音のみを行う場合をレコーディングエンジニア、録音後の調整のみを行う場合をミキシングエンジニアと分類することもありますが、大抵の場合は録音から調整までを一貫して請け負うため、総称してレコーディングエンジニアと呼ばれることが多いです。

レコーディングエンジニアの特徴
楽曲のレコーディングにおいて、歌手とすべての楽器の演奏者がまとめて録音をすることはほとんどありません。全員がスケジュールを合わせる必要がなく、あとで一部だけ撮り直すといったこともできるためです。レコーディングエンジニアは、まず、録音のためのマイクや楽器・機材の準備を行い、個々の歌・演奏を録音していきます。全パートの録音後、「ミキシング」や「ミックスダウン」と呼ばれる、音量のバランス調整・音質の色づけをして1つの楽曲としてまとめる作業を行います。レコーディングは基本的に午後から始まるため、その分夜遅くまで仕事をすることが多いです。締切りが近づくと、泊まり込みで作業することもあります。ですが、自身で作った作品が世に出ることには、大きなやりがいを感じられるでしょう。

レコーディングエンジニアになるために
楽曲を作る仕事なので、音楽の知識・感性はもちろん必要ですが、録音やミキシングを行う際に機材やコンピュータを扱うため、電気工学・音響工学の知識も必要となります。そういった専門知識は音楽の専門学校や大学で学ぶことができます。学校を卒業後にレコード会社やスタジオに就職して、現場でアシスタントをしながらレコーディングエンジニアとしての経験を積んでいくのが一般的です。Pro Tools技術認定試験のような資格試験があるため、スキルアップのために資格取得に励むのも良いアピールになるでしょう。また、楽曲は自身の好みでなく、プロデューサーやアーティストの意向に沿ったものにする必要があるため、希望を聞き出すためのコミュニケーションスキルも重要です。