「レスポンシブウェブデザイン」とは|テクスタ辞書


「レスポンシブウェブデザイン」とは、ブラウザの横幅サイズをwebサイト表示の判断基準にして、ページのレイアウトデザインを柔軟に調整することができる手法です。

レスポンシブウェブデザインの詳細

レスポンシブウェブデザインでは、デバイスの種類やサイズに応じて表示内容が最適化されるように設定したHTMLファイルを一つだけ制作し、全てのデバイスに同様に送信します。

それに対して従来の手法では、内容が同じでデザインや動作がデバイス毎に異なるHTMLファイルやCSSファイルを複数用意して、HTTPリダイレクトなどでアクセスを振り分けるのが一般的でした。

従来に比べデザインや機能などに凝ることは難しくなってしまいますが、ファイルが一つしかないため、更新作業が簡略化されるなどのメリットもあります。

レスポンシブウェブデザイン誕生の経緯

今や、webサイトはパソコンだけでなく、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレット端末など様々なデバイスで閲覧される機会が増えています。
そのため、webサイトも閲覧するデバイスに応じてページレイアウトを柔軟に切り替えられるようにできることが求められるようになりました。
しかし、デバイス毎にレイアウトの違うHTMLファイルを用意するとなると、コスト面や管理面で問題が出てきてしまいます。
それらの問題を解決するために誕生したのが、レスポンシブウェブデザインです。