「レスポンシブWeb」とは|テクスタ辞書


 「レスポンシブWeb」とは、ブラウザの横幅サイズに合わせてCSS(スタイルシート)を切り替える方法です。PCやスマートフォンといった端末の画面ごとに適切なサイズのホームページを表示する方法として、レスポンシブWebを採用する企業や大学が増加しています。

「レスポンシブWebの魅力」
・ユーザー側
レスポンシブWebのサイトは、画面サイズによって文字や画像の大きさが変わるので読みやすいというメリットがあります。また、単一のHTMLで管理されているため、twitterなどでの共有が簡単ということも挙げられます。
・サイトの制作側
大きなメリットは、一つのHTMLを利用しているため、サイトのメンテナンスにかかる時間が減り、ミスも抑えられるということです。それに加え、PCとスマートフォンのURLが一致するためSEO(Search Engine Optimization)が有利に働くということや、CSSに対応していれば、サーバーサイドのプログラムやJavascriptの制作を依頼する必要がないという利点もあります。

「レスポンシブWebにはデメリットもある」
  一方で、レスポンシブWebには忘れてはならない注意点もあります。レスポンシブWebは、スマートフォンでもPC用の素材を読み込んでしまうため、どうしても表示スピードが遅くなります。現在、Webサーバーとの通信量を減らしたり、Webページのソースコードを見直したりするなど試行錯誤が繰り返されていますが、根本的な解決法はまだ見つかっていません。しかし、最近では、ユーザーがPC用とスマートフォン用のサイトを自由に選べるようにしたホームページも出てきました。一見レスポンシブWebではないように思われますが、一つのURLに一つのHTMLという手法は守られています。レスポンシブWebは、構築に手間と時間がかかる分費用もかさむので、特徴をよく理解することが必要です。