「レスポンシブWebデザイン」とは|テクスタ辞書


「レスポンシブWebデザイン」とは、ブラウザの横幅に柔軟に対応して表示するよう設定されたWebデザインのことを言います。

レスポンシブWebデザインの特徴

従来ではデバイスごとをWebサイト表示の判断基準にしていました。「レスポンシブWebデザイン」ではブラウザの横幅サイズをWebサイト表示の判断基準にすることで、ページのレイアウトデザインを柔軟に調整できます。スマートフォンでWebサイトを閲覧する機会が増えるのに伴い、どのPCで見ても、どのスマホで見ても綺麗に表示される、レスポンシブWebデザインを導入する企業が増えています。

レスポンシブWebデザインのメリット

レスポンシブWebデザインの「ユーザー側」のメリットとしては、デザインがデバイスの画面の大きさで変えられて読みやすいということが挙げられます。

開発者側のメリットとしては次のようなものがあります。

  • 「内容の修正、更新が1ファイルでできる」
  • 「CSSに対応していれば、サーバー側のプログラムやJavaScriptの制作を依頼する必要がない」
  • 「まとめて1サイトとして作れるため、Webサイト制作の予算を削減することができる」

Webサイトの立ち上げそのものには複雑な工程があるため手間がかかりますが、何度もアップロードすることを想定すると、その分の時間を短縮することができます。

レスポンシブWebデザインを導入する上での注意点

レスポンシブWebデザインを採用するには、いくつかの注意点があります。

1つ目は、表示サイズによってレイアウトが崩れることがあるため、それを想定した構成力が必要になるということです。パソコン用のレイアウトを元にスマホ用のレイアウトを考えたり、コーディングしたりする必要があるため、通常よりも構築が複雑です。

2つ目は、モバイルサイトでもフルサイトを読み込むため、転送データ量が重くなるということです。スマホ用サイトを閲覧する時でも、パソコン用の画像がHTMLソース上に存在するのは変わらないので、もしサイズが重い画像を使用していると、サイトの表示速度は落ちてしまいます。

これらの性質を踏まえ、レスンポンシブWebデザインにするべきかどうかは、サイトを閲覧する読者の傾向で決定する必要があります。